So-net無料ブログ作成

マスカレードホテル 映画 感想 [邦画]

マスカレードホテル.jpg

木村拓哉と長澤まさみのW主演によるホテル内で起こるであろう事件について、その内容を分析し、調査しながら犯人を捜す映画となっております。

完全なサスペンスものと思いきや、一部コメディー感の演出もあり、見ていて飽きがこない内容と感じます。


木村拓哉さん演じる警察で潜入捜査の一環としてホテルのフロントを担います。

長澤まさみさんはホテルのフロント担当として勤務しており、潜入捜査中の木村拓哉さんの指導役としてバディを組みながら、犯人を捜す為協力して遂行していきます。


作品全体を通して、様々なゲストの方が事件と思わせるしぐさ・行動などをしながらお二人と関係者の方々が探っていくかけあいが非常に夢中になりました。

人を疑う警察と人を信頼するホテルマンという相反する職業の二人がホテルマンを経験していく中で、次第に木村拓哉さんの中にある感情が芽生え始め、警察としてホテルマンとして成長していく模様が非常に面白かったです。


長澤さん演じるホテルマンも初めはサービスレベルの低い警察の方を徐々に改めさせ、ホテルの厳しさ・楽しさを語っていく中で、自分の感情も変化していく仕草が見ている側も引き付けられました。

犯人を様々な観点から分析していくのですが、意外なつながりから犯人がでてきて、最後まで予想しながら、考えながら見える非常に面白い映画でした。見ていない方はお勧めします。



タグ:邦画
nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0